リマインド ストレスケアセミナー

  • 2018.01.15 Monday
  • 16:44

先日、メルカリで、ホリエモンの「ライブドア事件」を描いた小説「拝金」を買って、これから読むところです(o^^o)


さて、今週の金曜日は、「ストレスケアセミナー」です。

http://kokucheese.com/event/index/499406/


お越し頂ける皆さんに、お会い出来るのを楽しみにしています(((o(*゚▽゚*)o)))


そして、業務連絡がございます。

ブログよりお知らせで、大変失礼いたします。


FB等で、連絡がとれそうにない「ママヨさん」、当日緊急の連絡先をお伝えしていなかったので、もし良かったら、こちらのコメント欄のメールアドレスのところに、メールアドレスを入れて頂きましたら、当日、携帯しているアドレスと番号をお知らせするメールを返信します。

メールが公開されることはありません。

お手数ですが、よろしくお願いします。


あ、ママヨさんが、必要ないと思われる場合はスルーした下さいね(o^^o)




学習性無力感

  • 2018.01.12 Friday
  • 10:08

学習性無力感の概念は、もうずいぶん前に行われた実験由来の概念です。

私が大学初年度にテキストを初めてワクワクして開けた「心理学概論」の生気を失った犬の絵が、とても印象に残っています。

その時は、心理学実験に、犬が使われている事にショックをうけました。


それは、さておき、学習性無力感とは何かというと、

「米国の心理学者マーティン・セリグマンが1967年に発表した概念で、抵抗することも回避することも困難なストレスに長期間さらされ続けると、そうした不快な状況下から逃れようとする自発的な行動すら起こらなくなる現象をいいます。セリグマンたちは犬を用いた実験によって、「自分が何をしても状況は変わらない」という思い=無力感が体験から学習されるものであることを発見しました。「学習性絶望感」や「学習性無気力」とも呼ばれ、一種の抑うつ状態や学業不振にいたるメカニズムの一つとしても注目されています」(人事労務辞典より)


この行動結果は、状況によるうつ状態を理解するためのモデルとして利用されてきました。

逃げ道がないとわかったとき、改善しようとするエネルギーは失われ、立直るエネルギーはなくなります。


で、何が言いたいかとあうと、

こんなもうダメだ!逃げ道がない!終わりだという状況のとき、


その状況の新たな捉え方が出てきたら、どうなるでしょうか?

そんな状況の時は、しばらくそれには、距離を置いてみて判断を先延ばしにする事も1つの方法です。


また、ロゴセラピーのヴィクトール・フランクルは、深く愛する妻を失いうつ状態の男性に、「もしあなたが先に亡くなり、奥さんが後に残されたとしたら、どうなっていたでしょう?」と訪ねました。

その男性はそんな事になっていたら妻はひどく苦しんだ事だろうと答えました。

フランクルは、「あなたはそんなに恐ろしい苦しみから奥さんを救ったのですよ」といいました。


避けがたい現実にも、新たな方向づけをされると、妻のための有意義な犠牲だと考えられるようになりました。


という事で、長くなりましたが、どんな状況でも逃げ道は必ずあると、私は思います。



謹賀新年🎍2018

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 08:22

昨年中は大変お世話になりましてありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

感謝m(__)m

  • 2017.12.30 Saturday
  • 09:19
今年は、腰痛からのぉーの痛み止からのぉー、胃から出血からのぉー、貧血で救急車で搬送からのぉー緊急入院で

本当に、多くの方にお世話になりまして復活する事が出来ました。

以前通っていたクリニックにお話を通してくれた大先輩や、透析の帰りに、寄ってくれてお世話をしてくれたり、入院中に用事をすませてもらったりした友人、退院のお迎えや、整形外科の送迎をしてくれた友人、ご飯を届けてくれて家のお掃除までしてくれた友人、お見舞にきてくれた友人たちと、言葉では表せないぐらい感謝の気持ちでいっぱいの年でした((T_T))

今、思い出すと入院前と入院中の辛い記憶より、みんなの暖かい親切にされた記憶の方が大きくて、辛い記憶が打ち消されました。

本当にありがとうございました。

なので、私の今年の言葉は、『感謝』の二文字に決まりました(笑)

来年も、何卒よろしくお願いいたします。

オルカ

ストレスケアセミナー 2018.1.19

  • 2017.12.22 Friday
  • 14:39

ついこの間、御節とお雑煮を食べていたと思ったら、もう年末になっている(・_・;


ここ数年、ずっと何かをやり忘れているような気がしてるんですが、いったい何を忘れているのかわかりません(・_・;


年々、身体の劣化を感じて焦っているのかもしれません。


あ、すみませんm(_ _)m

愚痴です(・_・;


さて、来年の1月19日に、アロマアドバイザーさんを招いて、『アロマスプレー作り体験つきストレスケアセミナー』を、JR相模原駅そばのカフェ金花茶さんで、開催します。


詳しくは↓を、覗いてみてちょ!


http://kokucheese.com/s/event/index/499406/


誹謗中傷

  • 2017.12.14 Thursday
  • 11:08

批判の査定 http://orukas.jugem.jp/?eid=273 のところでも述べましたが、

批判は、相手の問題の場合も多々ありますので、

巻き込まれないようにしたいものです。

 

とは言っても、、あまり気分がいいものではありませんので、

状況を書き出して整理してみると、頭の中から切り離すことが出来る場合もあります。

 

例えばスケジュール帳に、用事をメモしたら、その件については忘れてしまいますよね。

 

書き出すことや、思いを口に出すことで、記憶から切り離すことが出来ることもあります。

 

私はあまり誹謗中傷をうけることがないと思っていますが、

自分が気づいてない場合ありますし、

時には、ネット上でも明らかに、自分だと気付くキーワードが入っていることがあると

やっぱり気になります。

(腎関連ではありません)

それが、一時は信頼を寄せている人であれば、なおさらですね。

 

そういう時は、まず書き出してみるのですが、

それでも、整理がつかないときは、

最終兵器として・・・

 

なんといっても

慈悲の瞑想 http://orukas.jugem.jp/?eid=497

なのです(^^)

親しい人や大切な人の幸せを願ったら、

その流れで、ついでに自分を誹謗中傷している人の幸せを祈ってしまいます。

 

これで、確実にセルフイメージが上がることは間違いありません。

 

たぶん、その上に様々な副産物も得られることと思います。

 

ドリーム

  • 2017.12.09 Saturday
  • 21:00
今日は、久しぶりに映画を観ました(^.^)
観れる時間のが、それしかなくて、あまり期待してなかったのですが、とっても良かったです。

感動しました。
泣きました。

レンタルが出来るようになったら、また借りて観たいと思いました。

あ、今日はすごーく久しぶりに、オルカはデートしてました(笑)

ゆにばーす

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 11:13
子供の頃から、漫才が好きでした("⌒∇⌒")

お笑い全体に好きですが、コントや漫談より漫才の方が好きですね(^.^)

特に病気になって、動の趣味が苦手になってからは、お笑い番組を観る事が趣味のようになっています。

先日のM1の録画を観て、改めて一番笑ったのは、『ゆにばーす』でした。
もうひとネタ見れなかったのが残念でした(;´д`)

ツッコミが好きなのは、『和牛』です。
ベテラン風なのが、審査員にはウケないのかもしれません。

ボケのほうは、スーパーマラドーナが好きです。

と、『だからなんなんだ!?』
というM1の感想をただつぶやいているブログにおつきあい頂きありがとうございました。

ゲートキーパープロジェクト!

  • 2017.12.03 Sunday
  • 16:26
先週の水曜日に、産業カウンセラー協会の『ゲートキーパー検定講師』養成講座を受けてきました。

ゲートキーパーとは、人の成長を信じ生きる人を支援する人です。

味方になりきるコミュニケーション・・・

周囲の人のいつもと違う変化に気づき、声をかけ、傾聴し、つなぐ、見守るという役割があります。

今後の厚生労働省における自殺・うつ病などへの対策の五本柱の1つに、『ゲートキーパー機能の充実と地域連携体制の構築』が挙げられています。

だからなのか、何なのかはよくわからなかったんですが、ゲートキーパー検定講師となった私が、小中高校で講座を実施する活動費を、ゲートキーパー協会が負担してくれるらしいです。

自殺予防は、カウンセラーの第一命題なわけですので、とても重要な取り組みだと思うのですが、こんな1日の研修で大丈夫なの?と思っていたら、最後に講師から、皆様方は、産業カウンセラーなので、『傾聴』のスキルがあるために、その時間を省きましたという事でした。

まあ養成講座の1年程度のトレーニングだけでは、傾聴を修得出来てるとも思えないのですが、受講者の皆さんがカウンセリングや相談の経験者である方々ばかりかも知れませんね。

何はともあれ、傾聴の基礎がしっかり出来てなければ応用は出来ないし、その他の心理療法は扱えないと思いますし、特に希死念慮のある方の対応は、とても危険だと思います。
たった一言で、死を招く可能性もあります。

この講師によると市区町村で行っているゲートキーパー研修は、アドバイス型らしいです。

いつもと違う人に気づいて声をかけても、寄り添う気持ちがなく傾聴がなければ『病院に一緒に行こう!』などと言っても行くわけがないような気がします。

という事で、来年は、ゲートキーパープロジェクトを拡げるために、小中学校に行く活動を加えたいと思います。

旬がある

  • 2017.11.24 Friday
  • 20:43
ものごとには旬がある。

ずっと追い求めていたものが、ふいに興味がなくなったり、好きで拘っていたものが、ある日突然なんでもないものに感じたり、気になっていた人が、気にならなくなったりと、一定期間を経て色褪せてしまう事がある。

だから、ナポレオンヒルの『思考は実現化する』でも、決断は瞬時にすると言われている。

しかし、一度出した決断を覆すときは、慎重にならないといけない。

そういえば、直感で出した決断が成功しなかった事がないような気がする。

しかし、直感で出した決断を、やっぱりやめた!と、諦めたときは、ほぼ後々後悔する事になっている。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM