質問のスキル2

  • 2019.11.14 Thursday
  • 06:51

昨日の続きです。


昨日は、質問が詰問にならないようにという話でしたが、詰問ならないようにする方法の1つに、『人』の質問と『事』の質問に分けるという方法があります。


『人』の質問  「どうして君は目標を達成出来なかったんだ?」

『事』の質問  「目標が達成されなかった理由をリストアップしてみよう」


という感じです。


また、質問の種類として、自由回答を引き出すオープンクエスチョンとイエス/ノーで答えされるクローズドクエスチョンが、広く一般的に使われています。


さらに細かく分類すると、


 イエス/ノーで尋ねる質問

 イエスを引き出す(念押し、確認)の質問

 ノーを引き出す質問

 自由回答で意見を尋ねる質問

 自由回答で事実を尋ねる質問

 選択肢を選ぶ質問

 数字で答える質問


があります。

詳しくは、チャンネル登録を・・・


じゃなくて、いずれまたの機会にお話します。


お後がよろしいようでm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとう



質問のスキル

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 09:06

いっぱいあるコーチングのスキルの中で、傾聴に次いで、重要と言われるものが質問のスキルです。


よい上司は、やれ!という命令形をとらず、質問によって、『やります』という自発性をする引き出してくれてます。


そもそも質問する事自体が、相手の人格や能力を尊重する事になります。


カウンセリングでは、答えはクライエントが持っているという大前提がありますが、当然コーチングでも質問を駆使して、本人の可能性を引き出していきます。


ただこれも、『褒めればいいってもんじゃない』と一緒で、質問の形態をとってればいいってもんじゃないです。


例えば、『どうしてこの目標が達成できないんだ?』という言い方は、質問ではなくて、詰問になります。


相手が責められてると感じるのであれば、目標を達成しようという前向きに考えになるわけがありませんよね。


では、具体的な質問の仕方については、また今度に!

スマホの電池がすぐ切れてしまうので。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとう


褒めテク!褒めればいいってもんじゃない4

  • 2019.10.29 Tuesday
  • 07:10

3回ぐらい、褒めればいいってもんじゃないってタイトルのブログ書いてました^_^


最初のがこれ↓

http://orukas.jugem.jp/?eid=627 


日本人は、基本的に褒めるの苦手ですよね。


上から目線になってしまったり、的外れな事を言って返って、「わかってないな!」って逆効果になったりします。


「褒め方」に関する著書が多い谷口祥子さんは、褒める基本として次の3つをあげています。


  抽象的じゃなくて、具体的に

抽象的では相手の心に響かない。具体的に褒めると響く。普段から相手を観察することが必要。


  目上の人には、YOUメッセージでなく、Iメッセージで。

「あなたは◯◯だ」という表現は、相手を上から目線で評価しているように聞こえる場合がある。

私は、どうかんじたか、どう思ったかを自分を主語にして伝える。


e x 「先輩はプレゼン上手ですね」△

    「私は先輩のプレゼンに感動しました」◯


   叱る代わりに使える「レッテル効果」

叱るよりも、相手を断定してレッテルを貼る方が自分がして欲しい望ましい行動をうむ効果がある。


e x 「ちゃんと片付けなさい!」  △

   「◯◯ちゃんは、片付けが上手だから」◯


オルカは、褒められるのも褒めるのも苦手だったのですが、褒める事を探したり、Iメッセージで伝えるうちに、褒められる事も素直に受けとめる事が出来るようになりました。


認める相手を増やして、相互に気持ちよいコミュニケーションを心がけたいなぁと思います。


昨日は、昭和医大の整形でした。

悪くなってるけど、私の体感変わらないからいっか(^^)

関係ないけど、サッポロ一番は、やっぱり塩だな←まだ言うか!

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとう

感度をあげる!

  • 2019.09.27 Friday
  • 11:29

何の感度をあげるのかというと、楽しさを受信するアンテナの感度をです。


人は、思い出したくない過去を、事細かに覚えていて、覚えておきたい知識をすぐに忘れてしまう。


http://orukas.jugem.jp/?eid=437 


↑に書いたように、長期記憶に移行させるには、繰り返しが必要です。


楽しさの受信感度をあげる為に、朝の5分程度の習慣を変えただけで、最近、楽しさ感度が上がり、基本上機嫌になっています私。


とは言っても、許せない人や許せない事っていうのはあって、まだまだちっさい自分を感じることもあります。


でも、まずは、そういう自分も愛して認めて許そうと思っています。


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうございます

You やっちゃいなよ!

  • 2019.09.16 Monday
  • 07:57

今日は、月曜日だから早めにと思って出たら、祭日じゃないですかぁ〜

道路スイスイで、30分早くクリニックについてしまいました(⌒-⌒; )


でブログの更新をしています。


以前、必然的進行の話をしたんですが覚えてないですよね。

http://orukas.jugem.jp/?eid=757 


例えば、誰かとどこかへ出かけて、『今日はこれからどこへ行こうか?』などと聞いたとすると、あすこ行って、あれ食べて、何処そこへ行って〇〇しよう!などと言ったとすると、だいたいその通りに行動する事になります。


で!

重要なのが、この必然的進行を引き出すと、実現不可能な夢まで、実行してしまうのが、人間の潜在能力なのです。


だから、You! やっちゃっいなよ!


なりたい自分を描いて!

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうございます(^^)

女は聴覚!

  • 2019.09.12 Thursday
  • 09:26

麻薬をやってもいないのに、朝の喜びの習慣のおかげで、上機嫌のオルカですどうも(^^)


以前っていうか、随分前に男脳、女脳って、記事を書いたんですが、

http://orukas.jugem.jp/?eid=60 


男と女では、発想の原点が違うように思います。


例えば、女は話すこと自体が目的なので、とりとめのない結論の出ない話をするんだけど、男は、そんな結論の出ない話を聞きたくないって事で、その話のオチはないのか?などと言い出しますね。


また、妻は、話を聞いて欲しいだけなのに、解決策を提示して話を終わらせようとする夫にイライラして、終いには喧嘩になってしまう事すらあります。


そして、男は視覚で、女は聴覚なので、「麒麟です」のような声のいい人ってモテますよね(^^)


さて、今日は、夕方からこの間のMR Iの結果を聞きに婦人科受診します。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうございます(^^)

スピリチュアルカウンセラーではない!

  • 2019.08.25 Sunday
  • 00:19

私は、心理学を学び、しっかりと確立された心理療法をベースにカウンセリングを行っている。


決して、スピリチュアルなカウンセラーではないが、一方で奇跡は起きると信じている者でもある。


また、余談だが身の上相談じゃないので、自分1人の体験をもとにアドバイスなども致しません。


ただ私は、20代の頃に、ジョセフ・マーフィーの「ゴールデンルール」に触れてから、『潜在能力開発』を命題として研究してきたので、潜在能力開発に関連する著書として、スピリチュアルに傾いた本が何冊かある。


その中の1つに、『こうして思考は現実になる』がある。

この本の中の実験をし、実際に思考は現実化する体験もした。


だから、おススメもしたけれど、決して人をスピリチュアルな世界に導こうとしているわけではない。


これだけは強く否定しておきたい。


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうございます(^^)

伝え方が9割 2

  • 2019.08.01 Thursday
  • 10:50

自分にとって適切な医療を受ける事は、持病を持つ私達にとっては、非常に重要ですよね。


それを含めて、以前、伝え方が9割について触れました。

http://orukas.jugem.jp/?eid=713 


私はとても役立ったので、伝え方9割 2もだいぶ前に買っていました。

前回のブログで、「イエスに変える3つのステップ」について触れました。

今日は、イエスに変える7つの切り口について触れてみたいと思います。


 相手の好きな事

 嫌いな事回避

 選択の自由

 認められたい欲

 あなた限定

 チームワーク化

 感謝


私は、ドクターやスタッフに相談や要求がある時は、まずは、感謝から始まるのは、言わずもがなですが、イ里△覆晋堕蠅鮖箸事が多いです。

それとともに、アサーティブに伝える事も必要です。


例えば、毎回、穿刺を失敗され、この人だけには来てもらいたくないなぁーと思った時には、どなたかに(出来るだけ権限のある人がベスト)、こう切り出します。


オルカ「◯◯さん、ご相談があります」

ここで、相手は話を聞く体制になります。

スタッフ「はい」

オルカ  「◯◯さんだけには、聞いてもらいたいんですが、△△さんは、前回もその前も、その前も穿刺で失敗されたので、透析に来るのが辛いです」

と△△さんを責めるのではなく、アサーティブに自分の感情を伝えます。

(失敗されたという事実のみ)


先に◯◯さんだけには聞いて欲しいと、あなた限定で言われているので、◯◯さんは、何とかしてあげたいという気持ちになりますので、これだけ伝えるだけで、


スタッフ「はい!わかりました。△△は、オルカさんの穿刺から外してもらいます」

となりました。


という事で、アサーション➕伝え方9割、活躍しております。


それでは、お後かよろしいようで(⌒-⌒; )

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうござます(^^)


褒めればいいってもんじゃない3

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 11:29

先日、褒めればいいってもんじゃない2で、行動を褒めると不自然にならない的な事を申し上げました。


もう一つは、私メッセージで伝えると嫌味に感じられる事もありません。

つまりアサーティブなコミュニケーションという事です。

http://orukas.jugem.jp/?eid=685 


昨日は久しぶりに、海老名のららぽーとで、ラーメン食べました(^^)

ちょっと少なめでした(⌒-⌒; )

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうございます(^^)


10秒マインドフルネス瞑想!

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 11:29

また、「またかよ!」って話です。


モヤモヤ、ゴチャゴチャになっている時は、マインドフルネス瞑想をしているオルカです。


そうじゃなくても、寝る前にマインドフルネス瞑想をしているんですが、

http://orukas.jugem.jp/?eid=497 


よい効果が得られるというわかっていても、継続できないのが、難点なんですよね。


瞑想の時間なんて、そんなにかかるわけじゃないのに、その時間をとる余裕がないという方々がいらっしゃいます。


そこで、10秒マインドフルネス瞑想をご紹介します。


 はじめの宣言

     これからマインドフルネスのエクササイズをすると宣言する。

  感じる

     「今、ここ」の現実を 10秒間感じる

  ここからマインドフルネスな状態で生きると宣言する。


なななーんと、たったこれだけです(^^)


参考文献   藤井英雄著   1日10秒マインドフルネス

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうございます(^^)


PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM