他人の言動で

  • 2018.12.02 Sunday
  • 09:24

自分の言動を変えるのは、勿体ない!

人間は無限の可能性があるのに!


例えば、誰かに『君は絵が下手だな』と言われたとする。

この言葉には、実は何の力もないのだけど、自分がこれを、受け取って絵を描くのをやめてしまったら、その言葉は力を発揮する。


他人の言動で自分の言動を変えるのはもったいない。


無責任な他人の評価なんて気にする事ないんだ!


『お前は無能だ!』と言われたら、それはうけとらず、『私は有能だ!』と自分になげかけよう!

そして、それを実証していけばいいの。


他人の言動に、あなたの言動を変える力なん

てぜんぜんないんだから!         にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ     
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

いいところを 100個!

  • 2018.11.22 Thursday
  • 12:29

今日は、めっさ寒いです。


そろそろダウンかなぁー?

いやまだだよね。


この間、「僕らは奇跡でできている」というテレビ番組で、「僕は君のいいところを 100個いえます」という場面がありました。


人間って、自分にも他人にもできてない事をあげる事は得意だけど、出来てる事にフォーカスしないんですよね。


ん?あれ?

これは、どこかのワークでやったような気がします。

あ!S F Aの勉強会ですね。

この発想はS F Aの前提理論ですから。


もしも、いつも自分にノーを突きつけてるとしたら、立ち止まって、時には、いいところを、出来てる所を数えてみよう!にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







マインドフルダイエット 世界一受けたい授業編

  • 2018.11.16 Friday
  • 17:35

先日、痩せるぞーと宣言して、マインドフルネスダイエットについて、書いたのですが、先週の世界一受けたい授業のマインドフル・ダイエットのやり方の方が、わかりやすそうなので、こちらを実験してみることにしました。


ボディスキャンは、1回5分、朝晩1回づつといってましたが、あまりきっちり5分とか朝晩とか決めなくてもいいと思います。

やらなければとか、ストレスになると、続きませんので。


以下、世界一受けたい授業より抜粋しました。


『食前セレモニー

  食べ物を観察、想像(どこで育てられたかなど想像)

  今どれくらい空腹か10段階で評価

(腹ペコ10、空いてない0)

  見る、嗅ぐ(全体の変化を確認)

  「なぜ食べたいのか?」に思いを巡らせる。』


私は、今日から実践してみますので、来月の血液検査で、なんらかの変化が見られるか?

結果をお知らせします。


では、ただいま透析中で、この後オニギリだべますので、これから始めます。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

マインドフルネスダイエット!

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 07:15

昨日、私は痩せるぞー!と宣言して、マインドフルなダイエットについて、お話しますと申し上げましたので、今日はそれについて触れていきます。


マインドフルネスは、皆さんもうご存知だと思いますが、気づきを養うもので、瞑想の宗教的な部分を取り除いた精神トレーニングです。

加えていうなら、過去でも未来でもなく、『今ここ!』に意識を集中する事です。


具体的な方法として、以前、ボディスキャンについて話しました。

http://orukas.jugem.jp/?eid=498 

これは、座ってる姿勢でも可能です。


他にも歩く瞑想法だったりもあるのですが、今日は、ダイエットに関連して、食べる瞑想についてお話します。


食べる瞑想は、食べる前に、食べるものの色や形、質感や匂いなどをじっくり観察します。

口に入れたら、舌に触れた時の感覚や、噛んだ時の感触を観察します。

食べ物の味を充分に味わったら、ゆっくり飲み込みます。


↑という事だけで、食事制限もなければ、運動もする必要もなければ、お金もかからないのでおススメします。


そしてまた、機会があれば、私と一緒にマインドフルネス瞑想を実際にやってみましょうね!

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村


誉めればいいってもんじゃない!

  • 2018.11.01 Thursday
  • 11:48

昨今では、企業の管理職研修でも、パワハラ、セクハラに充分な注意をはらうことはもちろんの事、以前のような叱咤激励で部下を指導する事は、ご法度のようになっています。

コーチングでは、傾聴する事を基本とし、日頃から部下のメンタルヘルスにも気を配りながらも過度なコミュニケーションを控えるなどなど・・・

どうすりゃいいんじゃい!


げげげー!

管理職って、本当に大変ですよね(⌒-⌒; )


マネジメントや管理職のための指導本なんかにも、褒める事、認める事の大切さ訴えていたりします。


心理療法、特にS F Aでは、賛同する、敬意を表す、労を労うなどのコンプリメントを重要視しています。


だからと言って・・・

日頃から挨拶のように、「いいね!いいね!」と、どこをどう評価しているのかわからずに褒めても、相手の心には響きません。


また、例えば、上司が、いつも遅くまで仕事を頑張っている部下を労うために、「今日も残業か!大変だな!」と言ったとしても、それを聞いた部下が、「俺の事を仕事が遅いと思っているんだろうか?」などと受け取ったとしたら、労っている事にはなりません。


褒めるためには、褒める相手をしっかり理解していないと、馬鹿にしていると感じられたり、あるいは、この上司は、ただなんでもかんでも褒める上司なのだ!と思われ、叱られた時は、必要以上に落ち込んでしまう事にもなりかねません。


しかし、本心から相手を認めて、相手の行動をしっかりみていて認めている事を、言葉に表した場合の評価は、必ず心に響き、相手の潜在能力を引き出す事になります。


という事で、

関係ないけどオルカはこれから透析始めます。

今日は血液検査する予定なので、ちょっと緊張するので、ブログでもかいて緊張緩和です。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

いつもポチッとありがとうごさいます(^з^)-☆

SFA勉強会!

  • 2018.10.29 Monday
  • 07:22

昨日は、月1のSFA(ソリューション・フォーカスト・アプローチ)勉強会でした。

 

勉強会でありながら、癒しの時間でもあります。

それは、SFAならではないかと思います。

 

問題志向は、カウンセラー自体も疲弊してしまいますが、

いいところ探し、解決の構築や焦点を合わせるSFAは、へとへとになることがないのです。

 

勉強会の後は、横浜駅そばの7時まで飲み物(アルコール含む)オール190円の居酒屋で飲んで(オルカも梅酒ロックを一杯飲んだよ)、楽しんで帰りました。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

幸せホルモン

  • 2018.08.31 Friday
  • 13:41

誰かに、傷つけられたり、裏切られたり、バカにされたり

恥かかされたり、貶められたりしたら、

忘れようとしても、顕在意識がその事でいっぱいになるのは、仕方ないことかもしれません。

 

でも、でも、顕在意識を嫌な思いでいっぱいにしていると潜在意識によい影響を与えないことは、

皆様、ご存じの事とおもいます。

 

それよりも、自分が幸せになることに意識を集中させましょう。

 

という事で、

 

様々な専門家がお勧めする幸せホルモン(セロトニンやエンドルフィン)の分泌を促す方法について触れていきます。

 

 .肇螢廛肇侫.鵑鮴櫃

  セロトニンは脳内で作られますが、材料には、必須アミノ酸のトリプトファンが必要です。

  トリプトファンが多い食材には、豆腐、納豆、味噌などの大豆食品、チーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品や

  米などの穀類、ごま、ピーナッツ、卵、バナナなど

  肉や魚などは、ビタミンBと炭水化物と一緒に摂るといいらしいです。

 

◆.メガ3脂肪酸を摂る

  オメガ3脂肪酸の不足は、セロトニンやドーパミンの数値の低下と関わっています。

  オメガ3脂肪酸の含まれる食品は、魚、くるみ、牧草で育てられた牛肉などです。

 

 マインドフルネス瞑想

  このブログでも、何度かご紹介しておりますので、参照してみてください。

 

ぁ‖里鯑阿す

 

ァ.僉璽肇福爾肇魯阿垢

 

Αヾ鼎い發里髻△舛腓辰反べてみる。

  チョコレートを1かけとか

  ※ 食べ過ぎないでね

 

А“梢藩瓩覆匹如△罎辰燭蠅風呂に入る。

 

などなど、です。

 

とそんな私は、美味しいものを食べて幸せ中です。

 

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 

<a href="//mental.blogmura.com/shinricounseling/ranking.html?p_cid=01628631"><img src="//mental.blogmura.com/shinricounseling/img/shinricounseling88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ" /></a><br /><a href="//mental.blogmura.com/shinricounseling/ranking.html?p_cid=01628631">にほんブログ村</a>

解決志向↔問題志向

  • 2018.07.19 Thursday
  • 10:37

伝統的な多くの心理療法は、「問題志向アプローチ」でした。

まずは、問題は何か?を追求して、その原因を特定し、その原因を取り除いたり変化させようとするものです。


医学の世界では(私は、医師ではないので、例題として使用しています)、感染症治療モデルと生活習慣治療モデルが、あります。


感染症治療モデルでは、原因追求をして、例えば原因がウィルスだとか、菌だなどと特定して抗生剤などを投与したりします。


でも、例えば高血圧のような場合は、塩分摂取量だとか、ストレスだとか、お食事とか運動とか労働環境とかと原因を特定するのは難しいです。

生活習慣病治療モデルでは、お食事に気をつけたり、血圧を測る習慣をつけたり、適度な運動をしたり、降圧剤を飲んだりして改善をはかります。


いま、身体の問題についてお話ししましたが、

では、心の問題は、原因を特定できることがでしょうか?

心の問題は、身体よりももっと複雑で、原因を特定出来ないばかりでなく、特定できたとしても、何ら良い結果を導き出せない気がします。


例えば、施設で育った養育環境がよくなかったとか、母親の過干渉が原因だったとして、大人になってその養育環境をやり直せるわけではないのです。


解決志向アプローチは、問題にフォーカスして原因を追求するのではなく、これからどうして行けばよいか、解決の構築にアプローチします。


ここで勘違いして欲しくないのは、解決策を提案するのではないと言う事です。


もちろん、クライアント自身が問題や原因追求に、こだわっていれば、その気持ちは受け止め大切にします。


という事で、今度の日曜日にSFA(解決志向ブリーフセラピー)勉強会に行きます。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村



またまた慈悲の瞑想

  • 2018.07.05 Thursday
  • 15:59

先日は、ご心配おかけしましたが、

無事、駐車場に停めていてふつけられたZ君を修理に出しました。

 

さて、マインドフルネス http://orukas.jugem.jp/?eid=497 

については、以前もお話しましたが、

そもそもマインドフルネスとは、何か?というと、

気づきを養うトレーニングです。

マインドフルネスは認知行動療法の技法のひとつです。(認知行動療法 第三世代)
 

サンスクリット語では、スムルティ、漢語では、「念」、

日本語では「気づき」です。

 

現代人は、普段、○○しながら行動していることが、多く

心ここにあらず!!

「今」にいないことが多いのです。

過去の後悔や未来の不安でいると、心の中は不安定になります。

 

マインドフルネスでは、今に気づき、今にとどまる、評価せず、

あるがままを受け止めていきます。

 

さて、以前も慈悲の瞑想についてお話したところ、

早速、苦手な人に慈悲の瞑想で、幸せを祈って試してみたのですが、

効果を実感できなかったという方がいらしたので、

もう少し具体的な慈悲の瞑想を、ご紹介いたします。

 

慈悲の瞑想

 

 〇筺 峪笋が幸せになりますように。私がすべての苦しみから解放されますように」

 

◆々イな人 「○○さんが幸せになりますように。○○さんがすべての苦しみから解放されますように」

 

 中立な人 「この人が幸せになりますように。この人がすべての苦しみか解放されますように」

 

ぁ〃いな人、苦手な人 「○○さんが幸せになりますように。○○さんがすべての苦しみから解放されますように」

 

ァ\犬とし生けるもの 「生きとし生けるものが幸せになりますように。生きとし生けるものがすべての苦しみから解放されますように」

 

慈悲の瞑想が、ピンとこない方は、まずは、呼吸に意識を集中することから初めてみるといいかもしれません。


にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村 


ナスときゅうりを頂きまして、テンションあがりました(^0^)


暗示

  • 2018.06.04 Monday
  • 18:16


ミルトン・エリクソン心理療法(レジリエンスを育てる)より、暗示エクササイズについて、以前もお話しました。

http://orukas.jugem.jp/?eid=542&target=comment 


今日は、また暗示について触れてみます。


ミルトン・エリクソンが、暗示の達人だった事は有名な話です。

エリクソンは、後半は、直接暗示より間接暗示を使っていたと言われています。


暗示をおおまかに定義すると考えの伝達だとエリクソンはしていました。


直接暗示は、通常、「あなたの目は、だんだん疲れて眠くなります・・・」(実際には、この言葉の繰り返しだけではない)に代表されるように、外側から発せられる命令の形をとっています。


いわゆる催眠と言われるものは、養育環境などで、幼い頃から外側から支配に応答するようにプログラミングされている場合は、セラピーも同様な方法を好む場合もありますが、催眠が一向に効果が現れない場合もあります。


エリクソンは、心理療法での暗示は可能な限り間接的であるべきだと考えておりましたが、間接暗示が直接暗示より効果的だという単純なものではないらしいです。


間接暗示の例を、ミルトン・エリクソン心理療法によると、以下のように書かれています。

『間接暗示のもっとも一般的なタイプは、暗黙の暗示である。エリクソンは、息子のロバートが怪我をして痛がっているのに気づくと、「これはひどく痛むね!痛みはもう少し続くだろうな」と息子に言っている。これに合意されているのは、「もう少ししたら痛みはなくなる」という事だ』

↑というように、間接暗示では、本人が気づかないうちに、この痛みは、ずっと続くのではないかという不安から解放されます。


という事で、今日も透析中のブログの更新をしているオルカでした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM