連載番外編 「オルカの移植体験記」

  • 2014.09.06 Saturday
  • 16:52
明日、移植体験談をするので、ブログを読み返したら
いろいろ思い出して、感極まりました(TT)
あまりに多くの方に支えられ、応援してもらってきたのか
改めて思い起こして、感謝の気持ちでいっぱいですm(__)m
そして、あの辛い時期から見ていてくれて、ずっと、ずっと、今も繋がってくれている仲間の存在があって
今のわたしを、生かしてくれています♪

ほんとに、ほんとに、ずっと、応援してくれてありがとうm(__)m

オルカの移植体験記

夢を見つけて、高校へ行き直し、心理系大学へ行き3年次になった9月
ある朝、突然 ○里大学病院から電話で、腎臓移植ドナーが現れたと連絡があったのでした。
これは、来期にある心理学実験実習を受けるために
天からの贈り物に違いないと、なぜだか確信したオルカは、
なんの迷いもなく○里大学へ、意気揚々と向かったのでした。
http://orukas.jugem.jp/?eid=35

移植手術成功し、1ヶ月ぐらいで退院して、月に1度の通院を繰り返し
半年ぐらい経過したあたりから、徐々に不調を感じるようになりました。
移植手術の翌年の5月(http://orukas.jugem.jp/?eid=63)に、拒絶反応の疑いで、
パルス療法(ステロイド大量投与)を皮切りに、
拒絶反応と感染症を繰り返し、
移植を決意した理由の「夏のスクーリング」に行かれないという事態が発生してしまいました。

この時は、透析導入時よりもショックで、
思わず病院の待合室で、溢れる涙抑えることも出来ませんでした。
そして、認定心理士の資格をとるために、
ストレートに卒業できるはずの大学を留年したのでした。
この時も、私の無念さをわかってくれる人たちのお陰で
なんとか立ち直ることができました(TT)
http://orukas.jugem.jp/?eid=72

入退院を繰り返し、いよいよ、あの宣告の日がやってきました。
というより、スクーリング行けない時点で、
もうどうでもいいやぁ〜って思っていたのですが、
せっかく頂いた腎臓なので、そんな事は口がさけても言えず、苦しかったことが思い出されます。
結局、次の年、リベンジしたのですが、そもそも40過ぎての大学生だったので、
焦って不安な気持ちが、いっぱいだったのです。
後に、無念な気持ちを吐露させてもらいました。
http://orukas.jugem.jp/?eid=112

再透析になると聞いたときもショックでしたが、
その時、支えてくれた移植コーディネーターさんのお陰で
目指すカウンセラー像を、描かせてもらったという点で、
この移植体験は、私にとって、必然だったと言えます。

今回、ブログを見直して、しつこいようですが、応援して下さった皆さん
本当にありがとうございます
これからも、どうぞよろしくお願いします。

 

はつ帰る♪

  • 2009.10.19 Monday
  • 12:50

先日は、私のグタグダ話に付き合ってくれて
そして、励ましてくれて
どうもありがとう
聞いてもらいたい事はいつも、いっぱぁいあるので
これからもよろしくです


先日、はつが帰ってきた(^0^)

はつは、オカメインコで、移植後に義両親のところへ
預かってもらっていたのですが
移植腎臓を摘出して、もう免疫抑制剤を飲んでいないので、
飼っても大丈夫になったので、
義両親には、すっかり情が移ってしまって
申し訳なかったけど戻してもらいました

家に帰って、かごから出すと
べったりくっついてきて、可愛い



一昨日は、久しぶりに地元の野毛で遊んでました(^^)
友達のご主人が、居酒屋(はる)を出してのでお祝いに
中学の同級生や昔の職場の同僚と
ご主人の同級生で、
むか〜しの悪行三昧の話に花を咲かせ
おいすぃ〜い料理を食べて
たのしい夜を過ごしました(^^)
このお店、ふら〜っと一人で行かれそうなので
一人で寂しい夜に出かけられる店で出来て嬉しい

そして、昨日は
大学の横浜勉強会でした♪
勉強会といっても、私は何も勉強らしい事はせず
しっかり懇親会で楽しんで
ストレス解消した私
でも、楽しむだけじゃなく
いつも勉強会に出席すると
みんなから「やる気」をもらえるので
モチベーションUPのためにも大切な時間でもあるのだ

そんなこんなで、珍しく連続で夜遊びを致しました♪

さぁ、これからは、勉学にいそしもう(^^)

 

腎摘完了( ̄▽ ̄;)

  • 2009.07.16 Thursday
  • 11:06
ただいま〜o(^-^)o
娑婆の空気は暑いな〜(´Д`)

お蔭さまで一昨日の火曜日に退院しました(^^)

またまた、みんなの励ましのメールやメッセージ、コメントで、元気づけられましたm(__)m

こんな私をいつも気遣かって頂き本当に感謝です(:_;)
ありがとうm(__)m

そして、一年半だったけど活躍してくれた移植腎臓君ありがとうm(__)m


今日は、久しぶりにいつものクリニックでの透析中くつろいでいるところですo(^-^)o
あちらでは、ちゃんと4時間やってくれてなかったからいつものクリニックに戻りたいって思ってたんだよね(#^.^#)

入院中の変なおじさんの話とか波瀾万丈ばあちゃんの話とか言いたい事はいっぱいあるんだけど、上手に文章にできそうにないので会える人は話聞いてね(ノ゚O゚)ノ


さあ、夏スクに向かって、しっかり体力つけなくちゃだわ\^o^/
みなさん、夏バテに気をつけてちょ(^_-)-☆

とるのよ♪

  • 2009.06.26 Friday
  • 16:21
 まだ、50歳だったんですね・・・
マイケルジャクソンです。

思い出の曲は、ほんと沢山あるけれど
私個人的には、今夜はドントストップが好きでした。
マイケルの顔は
ジャクソンソン5の時代が一番可愛かったな〜

ご冥福をお祈り申し上げますm(__)m


ずっと皆さんにご心配おかけしていますが
色々と先生と相談した結果
移植腎を摘出することにしました。

ほとんどの移植した人は、こんな早くダメになる事がないから
あまり腎臓が拒絶反応やなんかの悪さをすることはないんだけど
私の場合は、1年半ぐらいで透析に戻ったので
まだまだ、この不調が続く可能性があるそうです(−−;)

来月の2週ぐらいに入院して
8月に復活して、

夏スクーリングに行くのだ←しつこい(笑)




今だから言う・・・

  • 2009.06.19 Friday
  • 16:26
 先日(15日)に、スクーリングの予約をした・・・
8月12日〜25日まで
ほぼびっしりとスクーリング予定を入れてしまった♪
透析の予約とホテルの予約も完了した♪

そういえば、去年のこの時期
4月からの拒絶反応と拒絶反応の治療のパルス(ステロイド大量投与)で
身体は不調だったけど
なんとしても夏までに元気になるって気持ちでいたのだった(遠い目) 

2008年7月移植外来・・・

移植コーディネータ兼看護師さんより
データを見ながら、あまり経過がよくないと言われた・・・

この時、私の脳裏に
「もしかしたら、夏のスクーリングまでに回復しないかも・・・」
そんな事を考えながら病院の待合室で主治医の診察を待っていたら

いつのまにか涙が出てきた・・・
必死に堪えたけど涙がどうしてもとまらない

その後、主治医と話すとさらにそれは、確証めいてきたのだった。

そして、7月の末あたりには、
貧血や下痢が続いて、入院することになったから
もうギリギリまで行くつもりでいたスクーリングを諦めた(TT)

思えば、スクーリングになんの弊害もなく行けるって事で
決意した移植手術だった。
夏まで元気であればよかったんだ。

でも、神様はそんなに甘くはなかったのね(トホホ)

そして、スクーリングの時期・・・

ほんとに、みんなが羨ましくて悲しくて
でも、そんな事言っちゃいけないと思ってて
みんなもいっぱい励ましてくれて
お見舞いにきて慰めてくれて、なんとか立ち直れたんだったな〜

今はもう色んな事に固執しないことにした(^^)
でも、それは諦めるって事じゃなくってね♪
だから、去年のあの思いは無駄じゃなかったんだ

今年は、もしスクーリングに行けなくても卒業になっちゃうから

なんとか元気でいてくれよ!!自分(笑)


では、グズグズ回想日記にお付き合い頂きありがとうm(__)m

さ、今日は春巻きをつくろう♪



PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM