ひくほど、赤裸々告白!

  • 2014.05.22 Thursday
  • 12:29

こんにちは〜

今日は、よい天気で、ハツをひなたぼっこさせています♪


ここ数年、終活をしていて、家の整理や心の整理、アルバムの整理・・・

そして、過去を振り返っています。

思い出すのは、出来事じゃなくて

そのときの感情が、蘇ります♪


今回から、ひくほど赤裸々告白連載です♪


今日は、序章 恥ずかしがり屋の小学生編


時代は、昭和40年代 場所は横浜・・・


オルカは、鍵っ子だった。

近所で、友達と遊んでいても、夕方になると

お母さんが迎えに来てくれるのが羨ましくて、これから夜遅くまで一人で過ごす時間がオルカは一番嫌いだったのだ。

よく出前に来てくれるラーメン屋のおじさんが、世間話をしてくれるので、うれしかったな〜

のちに、このラーメン屋のおじさんが、息子との見合いを持ってきたりした((笑))


近所に、お化けが出ると言われるバラが咲いてる廃墟みたいなところがあって

そのそばには、やっぱりお化けダンダンと言われる階段がある。

そこで、小学生のとき、お化けじゃなくて、痴漢にあった(汗)

階段を上っていったら、上から降りてきたお兄さんが、通り過ぎようとしたときに

大事なところを触っていたのだった。

慌てて逃げ出すオルカ・・・

気持ち悪い・・・(><)

何か良くないことが起きたことは、わかったが、それがなんなのかは、わからない。

家に誰もいないし、誰にも言えず、ずっと後になってあれが痴漢というものとわかった。

それ以来、お化けダンダンは、めったに通らなくなった。


小学生のときの私は、ストローク(存在認知の刺激の一単位)に飢えていたように思う。

そして、中学校では、悪の道へ

ということで、次回は、札付き中学生編です♪


↑お化けがでるバラ園  まゆげが濃いのが気になって、はさみでカットしてました((笑))

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

<a href="//sick.blogmura.com/jinkoutouseki/ranking.html?p_cid=01628631"><img src="//sick.blogmura.com/jinkoutouseki/img/jinkoutouseki88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ" /></a><br /><a href="//sick.blogmura.com/jinkoutouseki/ranking.html?p_cid=01628631">にほんブログ村</a>

 

スポンサーサイト

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 12:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    正の字さん

    終活の一環で、自分史を綴っています。

    そういえば、よく鍵を忘れて、
    窓から侵入していました(^^)
    昔は、セキュリティーしっかりしてなかったんですよね。
    • オルカ
    • 2014/05/25 2:41 PM
    だんだんと暑さがましでるのに野外の仕事が多い今日この頃。

    小さい頃のアパートは鍵が内側からネジ式だった!
    外からはどうやってかけてたか記憶にないわ。
    でもスライドの玄関はレールからしょっちゅう外れてた!
    って、そう言う話じゃないか。

    赤裸々告白だなんて、なにかあったんですか?
    • 正の字
    • 2014/05/25 2:19 PM
    湘南さん

    うちの母は、マッサージ師で病院に働いていたのよね。
    私も誇りに思う気持ちと自分よりも仕事が大事なんだなって気持ちが混在しているように思います。

    湘南さんは、働きものだもんね〜
    知らず知らずのうちに、親のコピーをしていくものよね(^_^;)
    なんだか嫌だなって思う事こそ似ているんだなって気づきます。
    • オルカ
    • 2014/05/23 7:40 AM
    私もかぎっ子だったよ。母は看護師だったから、子供心にも誇りに思う気持ちと、「友達のお母さんは、ほとんどが家にいてくれるのに、うちのお母さんは、私より仕事が好きなんだな」と思う気持ちと、両方だったように思うよ。
     こんな母親にはなるまい!私は、将来、子供ができたら、手作りのおやつを作って「おかえり〜!」って迎えてあげるんだ!」って決めてたのにさ。結局、母と同じで、仕事大好き人間になってしまって、息子にさみしい思いをさせたと思う(涙)
    オルカさん、終活なんて、まだまだ早いよ!婚活が先でないかい?(笑) 人生、まだまだこれからだ!オルカさんのその優しさと美貌と、おもしろさ!があれば。。
    とにかく。。ランチでもしたいな〜。
    • 湘南ですよん♪
    • 2014/05/23 12:04 AM
    ケンさん

    私の母は、私を産んで3日目ぐらいから働きに出ていたそうです。
    話す人がいないから、コミュニケーション能力が発達しなかったのも無理ないですよね。

    この純粋無垢な娘が、あんな事やこんな事をしでかします(^_^;)
    • オルカ
    • 2014/05/22 9:07 PM
    小学生の頃に1人は、寂しいですよね。痴漢に会ったのはショックでしたね。可愛いオルカちゃんが、中学生になってどうなるのか興味津々です(笑)
    • ケン
    • 2014/05/22 8:54 PM
    シェリーさん

    きゃー("⌒∇⌒")どうもありがとうm(__)m こんな時期もあったのよ(^^)
    • オルカ
    • 2014/05/22 8:23 PM
    わぁ、オルカさん、
    ちぃっちゃい時からカワイイ♪
    • シェリー
    • 2014/05/22 7:50 PM
    きたさん

    わ〜ラッシー飼ってたんですね〜
    憧れだったな〜
    おりこうなんですよね〜

    私も幼稚園前ぐらいまでは、目の見えないおばあちゃんがいたんだけど、小学校からは、一人だったな〜

    私も小学校のときは、人見知りだったよ(^.^)
    • オルカ
    • 2014/05/22 5:09 PM
    僕も鍵っ子でした。
    父親の祖母が一緒に暮らしていましたけど、耳が遠くてピンポン鳴らしても出てくれないから鍵を渡されていましたw
    小学校上がる前に一軒家に引っ越し、僕に友達がいないだろうからと犬を飼ってくれたんですが…コリー(当時アメリカのテレビドラマのラッシーが人気でw)犬で子供の僕には手に余る大型犬…
    結局両親が面倒見る羽目になっていましたよwww
    僕の方はって言うと大人しくて人見知りだったはずなのにいつの間にか近所に友達ができ、歳の離れたお兄ちゃんたちとも野球やったり公園行ったりしてそういう意味での親の心配はどこへやら…でした(笑)
    • Kitahara
    • 2014/05/22 4:54 PM
    あ、兄貴は、不良で家出してたり、帰りが遅かったり、家にいない事が多かったんだよね。
    • オルカ
    • 2014/05/22 4:46 PM
    konaneさん

    激おこプンブン丸になってくれたのね(笑)

    そう、昔は可愛かったでしょ?って、今は〜?
    隣の子も凄く可愛かったよ("⌒∇⌒")
    • オルカ
    • 2014/05/22 4:43 PM
    恐い思いをしましたねT^T
    今頃その変態は痔になってノタウチ回ってますよ(激おこ)

    ひとりでお留守番って、あれ?お兄様いらっしゃいましたよね?

    やっぱり昔はめんこかったんですね(笑)
    • Konane
    • 2014/05/22 3:08 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM