ストローク

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 13:45
人は、何のために生きるのか? それはストロークを得るためだ! by E・バーン

私が交流分析を学んだ中で、一番しっくりきたのが、エゴグラムではなく『ストローク理論』です。

精神分析が、一人の心理学なら、交流分析は、交流を分析するので、二人以上の心理学であり、コミュニケーションの心理学です。

だから、学校や職場などで幅広く利用されているのだと思います。

あ、話を戻します。

では、ストロークとは何かと言うと、E・バーンは、『存在認知の刺激の一単位』として使いました。

なでる、さする、握手する、キスするなどの身体的ストロークや挨拶する、感謝する、共感する、褒めるなど精神的ストロークは、身体を維持するために食物が必要なように、心の栄養素として不可欠なものです。

マザーテレサも、『最も悲惨なことは、怪我、病気、貧乏ではなくて、人から見放されていると感じる事である』と言っています。

という事で、今度の日曜日に、産業カウンセラー養成講座の同期主催の勉強会で、ストロークの講義をする予定です("⌒∇⌒")

これから、セミナー資料を作成致します。

ただ今、透析中にテキスト読み直しているところです(*≧∀≦*)

スポンサーサイト

  • 2017.08.13 Sunday
  • 13:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    葉桜さん

    仕事のヤマは越えたのですね。

    そうなの、
    辛い時、辛いっていえる相手がいるだけでも
    助かりますよね。

    いくら大金があっても、誰とも分かち合えないと虚しいしね。
    • オルカ
    • 2017/03/16 12:23 PM
    おひさです
    やっと仕事のヤマを超えました〜(^^)/

    確かに…怪我してても、病気してても、貧乏してても
    そばに力づけてくれる人、手を握ってくれる人などいれば、
    それは心底の不幸ではないのかも
    これらはとても辛いことだろうけど、存在が誰からも
    意識すらされないことに比べたら
    不幸ではないといえるのかもね
    • 葉桜
    • 2017/03/16 11:40 AM
    長町さま

    えっと、えっと、私、これでもプロのカウンセラーをしているのですが(-。-;
    20年ぐらい心理学を学んでいるのです。

    これだけの説明で、そんな簡単理解出来る人はそういないと思いますよ。
    落ちこぼれとは、とんでもないです。
    • オルカ
    • 2017/03/15 4:26 PM
    こんにちは〜。

    うぬ〜(>_<)
    これは付いていけませぬな(-_-;)
    オルカさんがここまで勉強家とは(^◇^)

    すいませ〜ん!
    落ちこぼれ1号です〜(-_-;)
    • 長町
    • 2017/03/15 4:17 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM