失敗のイメージを植え付けない!

  • 2018.09.07 Friday
  • 14:46

このところ、透析関連のトラブルが続きました。


透析機械のトラブルの場合は、自分でどうする事も出来ないので、お任せするしかないのですが・・・


例えば、穿刺の失敗は、一度失敗すると、その失敗のイメージ払拭出来ず、想像通りにまた失敗を繰り返してしまう事があります。


今日は、動脈側のボタンホール穿刺がスムースに終わり、静脈側は普通穿刺で、きちんと血管に入ってると思ったら、血液が上がってこないので、諦めてもう一本刺すことにしました。


失敗のイメージを引きずらないように、意識していたのですが、どうしても想起してしまい、案の定二回目も失敗してしまいました。


穿刺をしていない人には、分かりづらいと思いますので、ゴルフで例えてみます。


ゴルフをやられてる方は、一度ぐらいは、池ぽちゃの経験があるのではないでしょうか?

私は、必ず池に入るかんじです(笑)


これは、池があっても見えてなくて知らなかったりすると、普通に池の先にあるグリーンにのってたりします。

つまり、池があると意識した途端に、その池に向かっていくのです。


前から言ってますが、意志〈  想像  なのです。


また、例えば、地面に置いてある10センチ幅の板の上を歩くのは、なんでもないですが、その板が、地面から100メートル上にあって、その板の上を歩けと言われると、いくら安全に設置されていても、恐怖で渡れなくなる人は多いです(鳶職の方は、平気でしょうが)


少し話がずれましたが、何事にも、成功のイメージを描く事は大切です。


と言いながら、失敗のイメージに引きずられて今日は穿刺の失敗をしてしまったオルカが言っても説得力ないですかね💦

とほほ

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2018.11.18 Sunday
  • 14:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    maekenさん

    それはいいですね。

    成功のイメージで事に当たれるんですね。

    当たり前に出来てる事は、なかなかそのイメージを想起させるのが難しいんですよね。

    あ、私も営業の時は、同じようにゲンを担いでました(^ ^)
    • オルカ
    • 2018/09/07 8:58 PM
    こんばんは。

    オツムが弱いのか?失敗した記憶があまり残ってません。
    以前に成功した時のイメージでことに当たることが多いかも。

    大きな仕事の時は験担ぎで、以前に上手くいった時と同じネクタイ締めたりしてます。
    形から入ることで成功イメージを植え付けてるんですかね?(^◇^;)
    • maeken
    • 2018/09/07 8:36 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM