在宅透析

  • 2019.01.10 Thursday
  • 12:54

在宅透析の1番のメリットは、充分に透析が出来る事です。

長時間透析の施設じゃない限りは、平均的に3割4割多いだろうと思います。

中2日もないので、増えすぎて辛いと言う事もありません。


でも、医療者がいない中の不安や在宅透析にあたっての物品を置く場所や、透析機やR O機を置く場所の問題とそれらの管理もあります。


以前にも申し上げましたが、今回、洗濯機なのか排水管なのかどちらかから水漏れして、両方とも対処したいけれど、透析関連の設備があるために、排水管の工事が困難なので、一旦、在宅透析を中止したいなぁーというか、とにかくR O機を返還して、リフォームしようかなと考えています。


それでふと気づいたのですが、そもそも在宅透析は、産業カウンセラーとしての仕事の為に始めたので、それほど在宅透析に拘る必要はないのかなぁーと思い始めています。


先日、内側から答えを求めたのですが、上手い事落とし込めず、どうしても論理的に判断をしてしまうので、もう一度チャレンジしてみようと思います。


と、また自分の頭の中の整理をする為に書いていますので、まとまりなくてすみません。おつきあい下さった皆さんありがとうございました。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.01.21 Monday
  • 12:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    葉桜さん

    そうなのです。

    全ては、自分の決断なのです。
    決断出来れば、後悔はないのです。
    • オルカ
    • 2019/01/11 1:19 PM
    在宅透析は透析量を増やせて、中2日がないっていうのが
    最大の利点だと思うけど、その反面水道工事などの点で
    結構大変なことがあるのね。

    在宅透析の素晴らしさも大変さも
    どちらもあるとは思うけど、
    ご自分で「こうしよう」と決められたことなら、
    恐らく後悔はないんじゃないかな?
    • 葉桜
    • 2019/01/11 1:02 PM
    maeken

    そうなのです(^^)
    私としては、直感に従うのがベストで、潜在意識の回答が完全解答なのは、わかっているのですが、どうしても顕在意識が邪魔してるんです。
    • オルカ
    • 2019/01/11 9:50 AM
    おはようございます。

    あまり深く考えずに選択した方が大正解!
    ってこともありますから
    直感を信じるのも大切ですよねー
    • maeken
    • 2019/01/11 9:02 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM