感情は自由!

  • 2019.01.28 Monday
  • 11:52

例えば、

大切な人を失ったり、ペットが旅立ってしまったり、失恋したり、受験に落ちた、あるいは自分の病気が発覚したなどの時、人間気分が↓になるのは、当たり前の事です。


そんな時、励ますつもりで、その感情でいることが罪悪であるかのように言う人がおりますが、それは傷口に塩を塗るようなものだと思います。

これが意外にしばしば見受けられるので、人は誰にも相談できなくなるのです。


自分がありのままの感情でいられる空間は大切なものです。


メンタルの専門家ですら、クライアントが自らの力で復活する力を信じてない事があります。

目の前のクライアントは、問題ある人ではありません。

自分自身の問題を解決できる1番の専門家なのです。

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2019.02.17 Sunday
  • 11:52
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    maeken

    導入期は、どうなるのかわからないから不安だよね。

    今は、あんなアホな投稿ばかりしてるのにね(笑)
    • オルカ
    • 2019/01/28 3:39 PM
    こんにちは。

    透析導入になってちょっとしてから、自殺を考えるほど落ち込んだことがありました。

    今ではこんなに能天気になってるのに(^o^;)
    • maeken
    • 2019/01/28 1:11 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM