実は自分だった!

  • 2019.06.20 Thursday
  • 18:48

透析になってから、ある思いが心を占めるようになった。

自分は存在してていいのだろうか?


そして

誰かの役に立ちたい!

社会人として必要とされたいって思いから、心理カウンセラーを目指し、高校行き直し、心理系大学を卒業し、認定心理士、産業カウンセラー資格をとって、10年かかってカウンセリングルームを設立したけれど・・・


誰かの役にたってるかどうかは、まったくわかりませんが、実は、心理学やメンタルヘルスの知識は、誰よりもまず自分に役立った事だけは間違いない。


両親が亡くなった時、離婚した時、脳出血した時、突発性大腿骨頭壊死と診断された時、メンタル不調になりそうな時は、いつも心理療法の実験の被験者となって、セルフケアをしていた。


それによってわかった事がたぁーくさんあって、その中の成功体験を、カウンセリングに生かしてきた。


一挙両得体験をさせてくれて、神様ありがとう(^^)


という事で、学んだ事は実は1番自分に役立っていたというお話でした(^^)


ピーマンの肉詰め食べたくなって作ったので食べ過ぎてしまったけど、満足!満足!

にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ 

いつもポチっとありがとうございます(^^)


スポンサーサイト

  • 2019.07.20 Saturday
  • 18:48
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    監督さん

    せっかくの実験機会をあたえれてるので、
    試さなきゃ損だというケチな根性のせいですね(笑)
    で、結局自分にメリットがありました。

    好意的に受け取って下さり感謝です(^^)
    • オルカ
    • 2019/06/21 9:06 AM
    「自分自身が心理療法の被験者となって、セルフケアが出来る。」
    知識があってと言うこともあるのでしょうが、オルカさん自身が強いのですよ。
    • 監督
    • 2019/06/21 7:56 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM