幸福を「習慣」に

  • 2016.05.26 Thursday
  • 14:01
例えば、店頭に並んだ美味しそうなピカピカのリンゴと腐りかけたリンゴが並んでいたら、どちらを選ぶかは決まってますよね?

幸福とは1つの心の状態です。

私たちには、「幸福」の方を選ぶ自由があります。

最高に嬉しい知らせが届き突然の幸福が訪れて、「私はこんなに幸せになっちゃいけない人間だ」など思わなくてよいのです。

簡単です。
「私はうまくやれっこない」を「私は必ず出来る」「私のやる事はいつも成功する」「私には富が流れこんでくる」「私はラッキーチャンスに恵まれる」に変えるだけです。

繰り返します。私たちには、いつだって幸福を選ぶ自由があります。

幸福を習慣にしよう!っとさ("⌒∇⌒")

一番大切なものを選択する

  • 2016.04.28 Thursday
  • 14:01
昨日は、憑き物がとれたように解放され清々しい気分になって、新たな夢にむかって、パワー充電できた途端に、カウンセラーとしてラッキーなお話があって、やっぱりゴールテンルールは、適用されたと感じた。

自分以外に、自らのネガティブ感情を支配する人間はいないのです。

どんな外的な要因があったとしても(例えば詐欺にあうとか)、それを自分の心に引き入れなければ、必ず問題は手放され解決に向かうものと確信が得られました。

それに気づけば、様々な問題のセルフコントールが出来て、人生に不安がなくなります。

むしろそれに気づかせて感謝という事になります。

そして、私と関わる全ての人に感謝です。

はっ!!!

  • 2016.04.27 Wednesday
  • 15:14
ピンチはチャンスだ(^0^)

ネガティブ感情に支配されそうになった時こそ
セルフカウンセリングで、自分の心理療法が効果的かどうかを
試してみるチャンスです。

心の声 http://orukas.jugem.jp/?eid=406 で
申し上げたように、ひがな一日ストレスホルモン、コルチゾールで
過ごすのはよくない事はわかっていますが、
これが人間、その思いを手放すことが出来ずに苦しむことになるのです。

ゴールデンルールに基づき、解放するように心がけましたが、
なかなか払拭できなかったんですが・・・

ある心理療法をセルフカウンセリングで実施してみたら
これがなんと、ゴールデンルールを実施しやすくなることに
「はっ!!!」と気付いたのです。

わぉ!!!
私から不安や恐れがなくなったばかりじゃなくて
心理療法の効果を自ら体験することによって、確信につながりました。
ビバ!!試練?解決課題?人間関係トラブル?
その他エトセトラ・・・です。

脳出血で倒れた後に、希死念慮のある方との対応が無事できたときと匹敵する
大いなる自信とこれからの指針になることが間違いありません。

そして、自分が被害者となって、ぎゃんぎゃん騒がなくたって
自分が正しいと思う道を歩んでいけば、わかる人にはわかってもらえるものと思います(^0^)

そして、また、感謝の気持ちで眠りにつける日々が戻ってきた事に感謝です(^^)


 

内なる警告音

  • 2016.04.24 Sunday
  • 22:16
潜在意識は、いつでも自分を守ろうとしています。

論理的、客観的に考えて、「進め」という判断をしたとしても、内なるうずきで「ピー」という警告音が聞こえたら、それは、撤退なのです。

まして、論理的、客観的にも、不誠実な事実であれば、それは確定です。

心の声

  • 2016.04.21 Thursday
  • 10:57
メンタルヘルスを扱うものとして、自身のメンタルヘルスを健全に保つ事は、非常に重要な事なのです。

さて、「心の声が人生の結果を左右している事実。
心の声は、私たちの努力の結果の大半を決めている。良いほうにも、悪いほうにも。
私たちは、日がな一日否定的な思考で心を満たしてその結果ストレスホルモンが放出されるか、前向きな思考で心を満たしてその結果快楽ホルモン(ドーパミンやセロトニン、ベータエンドルフィンなど)が放出されるかのどちらかなのだ。
(潜在意識をとことん使いこなす サンマーク出版より)

↑だから、「心の声」に耳を傾けて、ネガティブな思考に支配されていたら、それはただちに手放したいと思います。

幸いな事に、自分が手放しさえすれば、ネガティブ感情から解放されます。

すべては、自分自身の選択なのです。

グーグル効果

  • 2016.03.31 Thursday
  • 15:04
J・マーフィーのゴールデンルールを読んで以来、潜在意識を活用する事を日夜心がけています。

少し前に、「潜在意識をとことん使いこなす」C・ジェームス・ジェンセン著を読みました。

その中の「感情をうまくコントロールして人生を変える方法」の章で、「最近の研究では、コロンビア大学の心理学者、ベッツィ・スバロー博士が、グーグルが人の脳を変えようとしている、という趣旨の論文を発表した。どこを探せば情報があるかわかっていると、人は情報を記憶しようと思わなくなる、というのだ。そしてこの記憶障害を博士は『グーグル効果』と名付けた。」

そう言えば、昔は、20件ぐらいは、暗記していた電話番号も今や自分の携帯電話の番号すら覚えていません(^_^;)

何かわからない事は、辞書をひかずネット検索すれば出てくるので、便利にはなったのですが、簡単に答えが出てしまう若い人たちには、試行錯誤の結果、答を導きだすような根気すらなくなっているように感じるのは、私だけでしょうか?

逆境はチャンス♪

  • 2016.01.18 Monday
  • 11:37
おおお〜雪だ↓
関東地方は大雪警報でていましたね。
通勤や通院の皆様、どうぞくれぐれもお気を付けくださいませ。

うちのほうは雨に変わりましたが、ダイヤも乱れているので
2時間近くかかる大崎までの施設には、通えそうにありません。

昨日のうちに、管理施設の先生に
在宅透析(ヘパリン使って)は大丈夫かどうか伺ったところ
問題ないとの事で、昨日は短時間の在宅透析しました。

在宅透析をやめようかと迷っていて
自分の内側(潜在意識)に相談して、回答を待っていたところにこの雪でした。
これはもう、在宅を続けろって内側からの回答だと判断致しました(^^)
そして、夢を諦めるなって事だと思いました。

救急車で運ばれ、脳内出血していると言われた時

「失敗や逆境の中には、すべてそれ相応かそれ以上の大きな利益の種子が含まれている」
30代の時に読んだ「思考は現実化する」(ナポレオンヒル)が脳裏によぎりました。

「チャンスきたー!!!」と
「なんでこんな目にあうんだよ!!!」という二つの思考がありましたが、
どちらを選ぶのが幸福がといったら、答えは明白ですよね〜
続きを読む >>

見たいものをみる

  • 2015.08.21 Friday
  • 13:01
人間は自分のフィルターを通して見たり聞いたりしています。

生まれてからずっと赤毛を見たことがない場所で育つと「赤毛」は頭の中で存在しないので、ある時赤毛の人を見ても 「黒髪」だと認識してしまいます。

煮えたぎったお湯を見せながら、手(見えない状態で)に冷たい水をかけても実際に火傷をします。

一つの単語を聞いても人によって描くイメージは変わります。

だから、自分に対してよいイメージをもつ事は、とっても大切なのです。

という事で、今日もなりたい自分のイメージを描いて、頭の中を埋め尽くしています。


自己催眠♪

  • 2012.05.10 Thursday
  • 09:25

 おはようございます♪

先日は、たくさんのお祝いの言葉を
ありがとうございました(^^)

Oruka's roomのHPを覗いてくれて
いいね♪を押して頂きありがとうございましたm(__)m

これからも応援よろしくお願いいたします♪


さて、前から時々お話している、ゴールデンルールは、←しつこい(笑)

すべての人が持っている無限の可能性を引き出す方法なのですが
潜在意識に到達するためには、
いままでとってきた思考パターンや危機管理に備わっている能力が
フィルターとなってブロックしているセキュリティーシステムを
解除しないと到達しにくいのです。

このセキュリティーシステムを、解除して
新しいプログラム(好ましい思考パターン等)をインストールするためには
催眠が最高のツールなのです♪

私は、このセキュリティーシステムを解除するのに、
繰り返し繰り返し、なが〜い年月をかけました。
最近は、自立訓練法などで解除を試みましたが
催眠中なら、ストレートに潜在意識に入ってくれるのです。
これで、願いが叶います♪

しかも、催眠って、人にかけられると思うとなんだか心配ですが
自分で出来るのなら、安心ですね(^^)

どうぞ、興味のある方は
ご気軽に、お問い合わせ下さいねm(__)m



 

ゴールデンルール

  • 2012.04.16 Monday
  • 06:09
何回かブログに記したことがありますが、ジョセフ・マーフィーのゴールデンルールを読んでから20数年、願望をもって、それを実現するという事を繰り返しています。

私は、疑り深いほうなので実際に起こっていない事を起こっているように思うのは難しいことでした。

例えば、お花屋さんになりたいと思っている人が、立地条件とか自分の持ってる資金なんかを考えて、自分は店を持ちたいと毎日願っているけど無理かもしれないなと思っている人とお店が持ちたい、その店には、こんな花を置いて、お店にきたお客さんの笑顔を浮かべて、すでにその店が頭の中に出来上がっている人が入れば、後者はいづれ夢が実現しているというのが、簡単にいうとマーフィーのゴールデンルールです。(正確には、私の解釈)

ですから、自分は夢を描いて毎晩祈っているのに、いっこうに実現しないな〜と思っている人は、実現しません。

なぜなら、その人はすでに実現しないと自分で決めているからです。
それは、せっかく種を植えて芽がでたものを端から引っこ抜いているようなものなのです。

マーフィーは、拷問のように毎日祈りなさいとは、言っていないのです。
自分の成功を描いてすでに現実に起こっているように思っているなら、実現しないだろうとは思わなくて、すでに実現してるから充実感や感謝の気持ちすら出てくるはずなのです。

しかし、例えば今日食べるのに困っている人が、自分は金持ちだと思えと言っても無理があります。

そこで、自分はこうなりつつあると現在進行形で祈ればいいとマーフィーは言ってます(私の解釈)

要は、自分の潜在意識に浸透するために、自分の信じやすい方法を取り入れればいいのです。

まず、実現しやすい夢を描いてみるのもひとつの方法だと思います。
例えば、明日の朝、私は6時に起きるだろう。とか(^.^)
そうした成功体験を積んでいく事で、きっと信じやすい思考傾向がうまれてくるのだと思います。
 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM